人の転職を笑うな

元求人広告企画営業が転職サイトやサービスの紹介!そして求人市場をデータや経験、トレンドを参照しながら解説する、求人・転職に特化したブログです。ご感想や寄稿のご依頼はmachahiko1205(あっと)gmail.comまでお気軽にご連絡ください。詳しくはプロフィール参照。

「転職」という言葉が脳裏によぎったら、
まずはコチラ
をご覧ください。

スポンサーリンク

中慢性的な「人材不足」ってことは、実は転職のチャンスかもしれませんよ。

Hatena Feedly

f:id:bibibi-sasa-1205:20170423165012j:plain

 

「人不足」が深刻化している日本ですが、中小企業の「人材問題」についてこんなニュースがありました。

www.asahi.com

※電子版朝日新聞の購読はこちらから↓

【朝日新聞デジタル】本紙に匹敵する充実コンテンツ。本紙過去1年分も検索し放題!

 

このニュースの要点は、

  • 欲する人材は「中核人材」と「労働人材」
  • アンケートに回答した中小企業のうち約半分は、どちらの人材も不足している

ということです。

そこで今回は中小企業の求人ニーズについてのお話をしたいと思います。

 

目次

 

「中核人材」と「労働人材」ってなに?

まず取り上げたニュースで出てきた用語らしきものを整理します。

ざっくり説明するとこんな感じです。

  • 中核人材:現場統括やマネージメントを行う人。管理職とか。
  • 労働人材:現場で頑張る人。バイトもこれ。

基本的にどんな仕事でも「現場」か「管理」かのどちらかになります。

そして「中核人材」には、日本企業だとキャリアを積んで現場から昇格する、というようなルートでなることができます。

「日本企業だと」という言葉をあえて挟んだのは、実はこのキャリア形成は日本独特のものだからです。

欧米では労働人材→中核人材というステップアップは基本的に想定されておらず、中核人材になるためには学位を持っているか、これまでどんな事業を起こしてきたかが採用のポイントになると言われています。このことについては「お祈りメール来た、日本死ね」という本に詳しく書かれています。

お祈りメール来た、日本死ね  「日本型新卒一括採用」を考える (文春新書)

お祈りメール来た、日本死ね 「日本型新卒一括採用」を考える (文春新書)

 

 

※過去にも当ブログで取り上げています↓

www.macha-job.com

 

「労働人材」の不足で起こること

さて、それぞれの人材が不足することでどのような問題が起こるのでしょうか?

取り上げた記事のアンケート回答を参照してみると、労働人材の不足を肯定する企業のうち70.6%が、

「需要増加に対応できず機会損失が発生した」

と回答しています。

実はこれ、とりわけ飲食業界でもっともよく耳にする叫びで、「お客さんが来ないから潰れる」のではなく「人がいないから潰れる」という現象が各地で起こっている原因にもなっています。

また、「労働人材の不足」は企業のブラック化をも促します。

これについては「熊五郎」で先日発覚した事件を取り上げた記事で詳しく言及しています。

www.macha-job.com

 

「中核人材のニーズ」はキャリアアップのチャンス!

さて、「人材不足」を取り上げると暗い話が多くなってしまうのですが、視点を変えればポジティブにとらえることもできます。

「中核人材が不足している」ということは、「自分も中核人材になれるチャンスがある」ということを意味しています。

例えば営業職として現場経験が10年くらいになってくると、客先から「ヘッドハンティング」の話を持ちかけられたり……なんて話は珍しくもなんともありません。

中小企業が中核人材を求める理由は、

「新事業・新分野へ展開するため」

です。

さて、そこで求人の観点からめちゃくちゃ大事なことがひとつあります。

「新しいことにチャレンジしたい」「自分の力を試したい」という転職希望者が絶対に注意すべきことは、

「増員募集の求人を探す」

ということです。

求人動機には「欠員補充」か「増員」のふたつしかないのですが、ポジティブな求人というのはぶっちぎりで「増員」です。ポジティブな求人を探すことはとても大切です。転職の際にしっかり抑えておきましょう。

 

そして「中核人材募集」というのは、企業として「攻め」のスタンスの求人なので、ほぼポジティブな案件。

 

「どうやってこの求人を見つけるのか」という方法ですが、一番てっとり早いのは「その道の人に聞くこと」です。つまり転職エージェントに相談することですね。

 

個人的にオススメなのが「クライス&カンパニー」という転職支援会社です↓

経営陣から直接オーダーされている独占ルート求人多数【クライス】

 

ここはもともとヘッドハンティング専門の会社としてのキャリアが長く、保有案件もコンサルタント教育も力が入っていますので、キャリアアップの相談に強いのが特徴。

詳しいことは過去記事でも取り上げていますので、ぜひ参考にしてみてください。 

www.macha-job.com

 

また、「転職活動しようかなと思っているけどめんどくさい・・・」と第一歩が踏み出せない人は、スカウト制サービスを使ってみるといいかもしれません。

気になる方はこちらの記事も合わせてお読みください↓

www.macha-job.com

 

というわけで今回はここまで。

お読みいただき、ありがとうございました。