人の転職を笑うな

元求人広告企画営業が転職サイトやサービスの紹介!そして求人市場をデータや経験、トレンドを参照しながら解説する、求人・転職に特化したブログです。ご感想や寄稿のご依頼はmachahiko1205(あっと)gmail.comまでお気軽にご連絡ください。詳しくはプロフィール参照。

「転職」という言葉が脳裏によぎったら、
まずはコチラ
をご覧ください。

スポンサーリンク

転職活動しようかと思っているけどダルいよぉ!めんどくさいよぉぉぉお!という人は「Switch.」を使ってみたらいいよ!

Hatena Feedly

f:id:bibibi-sasa-1205:20170406153434p:plain

まちゃひこです。

今日は「転職したいけど職を探すのがだるい」というひとのための記事です。

 

最初に、ぼくの友だちが言っていたことをお話したいのですが、その友人は「風呂理論」なるものを提唱していました。それはどんなものかといえば、

風呂に入るのは面倒臭いが、風呂に入って後悔する奴はいない。

 というものです。ようするに、「みんなしたほうがいいとわかっていることでも、めんどくさがってしない」「だいたいのことはやってみて後悔しない」ということなのですが、それでも頭でわかってても体はついてこないってこと、ありませんか?

 

転職の場合、ぶっちゃけ「やって後悔すること」もあります。しかし、適切な情報と適切な行動をとればほとんどはより良い方向へ物事は進みます。

大事なのはその最初の一歩を踏み出す「きっかけ」。

そこで漠然と転職を考えている人にオススメしたいのが、Switch.という転職アプリです。

 

Facebookを利用した新感覚転職アプリ『Switch.』

 

Facebookと連動させてプロフィールを作ることができ、そしてそれを見た企業の担当者からオファーが来るというスカウト型の転職サービスで、もちろん他人に使っていることがバレたりしないし、特定の企業がプロフィールを見れないように設定することも可能です。

このサービスについて詳しくは上記のリンク先で見てもらったほうが早いのですが、今回は、この転職アプリがどういうコンセプトのものなのか、ちょっと解説してみたいと思います。

 

目次

 

あなたは「潜在転職者」?

このアプリの最大の特徴は、ユーザーが手間をかけるようなことが徹底的に排除されている(つまりかなりラフに転職活動を始められる)というところにあります。

登録に1分しかかからなかったり、企業側から「見つけてもらう」というスカウト制、そして企業とのやりとりはチャット形式など、隅々まで「楽さ」に配慮された作りをしています。

これはどうしてか、といえば、実は「転職活動の敷居を低くする」ことが狙いだと言えます。

例えば退職日が決まっていたり、現在定職についていない方というのは、必然的に積極的な求職活動を行います。他の転職サイト・サービスは言うなればこの層がメインユーザーと想定されています。

しかしそうじゃない方、つまり、「いい仕事があれば転職したい」という志向の方は世の中にたくさんいます。こう言う層のことを求人業界では「潜在転職者(求職者)」と呼んでいて、おそらくその数は求職者数よりもはるかに多いとされています。

そういう方って、やっぱり一番大事なのは「現在の仕事」です。それからプライベートや休日も大事ですし、転職のことは頭にぼんやりあっても、その優先順位は低い。

それでも「いつか」行動に移さないと…という方ほど、重要なのは「手軽さ」です。その「いつか」のきっかけ作りのために、使うかどうかわからないけれどまずは登録しておくか…というユーザーこそこのアプリとの相性は良いのです。

 

どういう使い方がいい?

先ほど「とりあえず登録しておく」のをオススメしました。それからしばらくは企業からどれだけオファーが来るか1日1回くらいログインしながら見ていましょう。時期によってもオファーの数は増減します。

そこでいい求人があれば面接に行ってみるのもいいと思います。理想はそこで前向きな話ができれば最高です。

しかし、本格的に転職活動を始めるとなれば、Switch.はサブとして使うのがいいです。

というのも、求人数はリクナビNEXTやDODAなどの大手サイトの方が圧倒的に多く、またSwitch.はIT業界に特化したサービスだからです。

また、慎重に転職先を選びたい人は、エージェントをメインとした方がいいでしょう。ともかく、「これだ!と思えるオファー」があればラッキーくらいに使うのがオススメです。 

www.macha-job.com

 

まとめ

Facebook連動型スカウトアプリ「Switch.」を今回は紹介しました。

WEB登録はこちらから↓

要点は以下のような感じです。

  • とにかく楽に転職活動が始められる!
  • 「潜在転職者(求職者)」にとっては絶好のきっかけ作りになる!
  • 慎重に職を選びたいときは転職エージェントと併用する

また、「見つけてもらう」というシステムは、「自分の価値はどれくらいあるのか」を試すという意味でも有効と言えます。

同じスカウト制であればMIIDASもオススメです。こちらは年収診断があってちょっと楽しいだけじゃなく、「自分の価値はどれだけあるか?」という点をキーワードにしたコンテンツ作りになっています。 年収診断が終わって、ユーザー登録すると実際にオファーが入り始めます。

www.macha-job.com

 

それでは今回はここまで。

お読みいただき、ありがとうございました。