人の転職を笑うな

元求人広告企画営業が転職サイトやサービスの紹介!そして求人市場をデータや経験、トレンドを参照しながら解説する、求人・転職に特化したブログです。ご感想や寄稿のご依頼はmachahiko1205(あっと)gmail.comまでお気軽にご連絡ください。詳しくはプロフィール参照。

「転職」という言葉が脳裏によぎったら、
まずはコチラ
をご覧ください。

スポンサーリンク

紹介予定派遣ってなに?そのメリットとデメリットの紹介と、求人サイトの紹介

Hatena Feedly

f:id:bibibi-sasa-1205:20161124110550j:plain

今回は「紹介予定派遣」について紹介をしたいとおもいます。

 

派遣、と聞くとかつて「派遣切り」という言葉もテレビなどでよくきいたこともあり、不安定な仕事というイメージがあります。

ぶっちゃけ、派遣社員というのは直雇用にくらべて待遇が悪かったり任期がついていたりするので人生設計の軸として考えるのは実際むずかしいでしょう。

しかし、長く働ける場所・仕事を見つけることを目的にすると見え方がずいぶん変わってきます。

そこで職業選択をおこなううえでの「紹介予定派遣」という手段について、かんたんに説明したいとおもいます。

今回の記事は以下の流れで進めます。

 

目次

 

「派遣」とは?

人材派遣とは、人手の足りていないクライアント企業に人材を提供する事業のことを指します。人さえいればできる商売なので起業にあたっての費用が小さく、かつて「マネーの虎」に出演し、その後倒産、ホームレスを経験した南原社長も、すべてを失ったあとにこの事業からやりなおしたそうです。

「派遣」として働く際にぜったいに知っておかなければならないのは、ズバリ「どこと雇用契約を結んでいるのか」ということです。

その仕組みをざっくりと図に示すと以下のようなかんじです。

f:id:bibibi-sasa-1205:20161130174453j:plain

つまり、派遣先(=勤務先)の社員という扱いではありません。

しかし、待遇改善が叫ばれ、近年では派遣社員に対しても正社員と同等の福利厚生をあたるといった措置をとる会社も増えてきています。

 

なぜ「派遣社員」というニーズがあるのか?

当然ながら、派遣社員を必要とする会社は世の中に多くあります。

その主な理由というのは、「慢性的な人手不足の解消」というものもありますが、「スポット的に人が欲しい」ということも知っておきたいところです。

特に繁忙期と閑散期の差が激しい業界、また事業拡大のため踏ん張りどころにある企業などは「一時的に人手が欲しい」というニーズがあるのです。このスポット的な穴を埋めるために、「任期付の派遣社員」を必要なときに必要な時間だけ雇うのです。

 

「紹介予定派遣」とは?

今回のメインである「紹介予定派遣」ですが、はたらこねっとより引用すると、

紹介予定派遣(Temp To Perm)とは、派遣先に直接雇用されることを前提に一定期間派遣スタッフとして就業し、派遣期間終了時に企業と本人が合意した場合社員として採用される派遣スタイルです(※)。派遣期間は最大で6ヵ月平均では3ヵ月程度に設定されていることがほとんどです。

※雇用形態は契約社員など正社員以外の場合もあります。

(注:太字・赤字は著者によるもの)

 とのこと。それではそのメリット・デメリットについて考えてみましょう。

 

紹介予定派遣のメリット

1.求職者・企業間でのミスマッチを防げる

ざっくりいえば「お試し期間」をもうけ、実務を通してお仕事を吟味できるため、職場のリアルを知ったうえで正社員になるかどうかを決めることができます。

 

2.未経験のお仕事でも試すことができる

歳をとるにつれ「経験・スキル」がないといけないような気持ちになって、働くことにビビッてしまうことって実際にあるとおもいます。紹介予定派遣というお試し期間は、未経験職への挑戦の敷居を下げてくれます。

 

3.派遣会社のフォローがある

紹介予定派遣の場合、派遣先企業と派遣社員(求職者)のあいだに派遣会社が入ってくれます。派遣会社は派遣先企業との交渉や、就業・採用の意思確認、希望する職のピックアップや面接のバックアップなども行ってくれます。

派遣会社は仕事探しにとっての協力なパートナーになってくれるでしょう。

 

紹介予定派遣のデメリット

1.かならず雇用につながるわけではない

「お試し期間」はいわば、採用試験の場でもあります。働く側が望んでも、派遣先がNoといえばやはり雇用にはつながりません。

 

2.正規雇用になるまで時間がかかる

平均して約3ケ月のお試し期間があるので、もし不採用となったとき、また次を探さねばなりません。これを繰り返すだけでも結構な時間になってしまいます。

 

3.選択の幅が狭い

2の問題と同様に多くを試せないということもあり、派遣会社の案件によって選択幅が制限されるということもデメリットとして挙げられます。

 

紹介予定派遣の仕事が探せるウェブメディア

最後に、紹介予定派遣案件を扱うウェブメディアを簡単に紹介します。

 

マイナビスタッフ

大手マイナビの派遣専門の求人サイト。

経理・人事・総務といったオフィス系のお仕事、また編集・DTPなどのクリエイティブ職やコールセンターの仕事などが豊富にあるのが特徴です。

WEB登録後にマイナビのオフィスにいって派遣登録をする必要があります。

オフィスは北海道・東京・横浜・名古屋・京都・大阪・神戸・九州の8拠点あります。

 

紹介予定派遣の求人多数!【ハタラクティブハケン】

こちらはマイナビにくらべて小規模ではあるのですが、その分、求職者ひとりひとりに親身によりそうスタイルをウリにしている会社です。

派遣先への顔合わせの同席、就業中のキャリア相談など細やかなサービスを心がけているとのことです。

また、厚生労働省の若者キャリア応援制度実施事業としても認定されているお墨付き。

しかしサービスは東京都・千葉県・神奈川県・埼玉県に限られるので注意してください。

 

会計、税務、経理・財務分野の派遣・紹介予定派遣なら【ジャスネットスタッフ】

経理関係のお仕事に特化した派遣サイトです。

未経験者も対応できる日常の簡単な業務から、公認会計士・税理士などのエキスパート向けのお仕事まで幅広く扱っています。

また、在宅ワーカーの募集案件もあり、登録もネットでできる手軽さも魅力です。

 

あわせてどうぞ

www.macha-job.com

www.macha-job.com