人の転職を笑うな

元求人広告企画営業が転職サイトやサービスの紹介!そして求人市場をデータや経験、トレンドを参照しながら解説する、求人・転職に特化したブログです。ご感想や寄稿のご依頼はmachahiko1205(あっと)gmail.comまでお気軽にご連絡ください。詳しくはプロフィール参照。

「転職」という言葉が脳裏によぎったら、
まずはコチラ
をご覧ください。

スポンサーリンク

新卒

入社して一瞬で飛ぶ新卒問題は「就活=合コン後のワンチャン」になってるからなんじゃね?

ここ数年、「入社して一ヶ月以内にやめる新卒社員」の話が春になるとバカスカとネット上に現れるようになったなぁと感じております。 headlines.yahoo.co.jp locafra.com 上に引用したふたつの記事はともに「入社して一瞬でやめた新卒社員」の体験談です。 …

人間は4パターンに分けられる!?就活生必見の仕事で求められる「コミュニケーション能力」のお話

今月になって新卒の人たちは就活も本格的になってきたんじゃないでしょうか? 面接解禁日は6月ということになっているのですが、「面談」と称する実質的な面接が始まりつつある時期じゃないかと思っています。 さて、今回は就活生の面接対策的な意味合いもか…

就労意欲減退キャンペーン:新卒社員のための「長く働くために持って起きたい心の余裕」を紹介するよ!

働きたくないよね? でも働かなくちゃいけないんだよね? こんにちは、まちゃひこです。 世間では入社式が終わって、さっそく研修が始まったりしているころじゃないでしょうか。 この時期の新入社員はなにせすることがないので、始業前に来たはいいけれど同…

【18年卒就活生向け】科学的なアプローチでマッチング!?心理統計学による性格診断を軸に自分にあった企業を探す!

まちゃひこです。 今年は新卒の就活は前倒しになったということで、ちょうどいまくらいの時期に就活を始めたという方が多いのではないでしょうか? 新卒の就活市場については過去記事にも書いたのですが、結局のところ、就職は巡り合わせという意味合いが強…

就活・転職活動のときにチェックしておきたい3つのポイント

こんにちは、まちゃひこです。 年度末ちかく、4月に転職を希望されている方はそろそろ面接を受けはじめている時期にあるのではないでしょうか? また、新卒の就活生は自己分析や企業研究などの情報収集をはじめだしたころかなぁとおもっています。 就職・転…

「面接のポイント」ってなに?「面接の練習」っているの?ハイテク化する就活…データを駆使した面接練習システムの登場!?

なにかと「人工知能」だの「ビックデータ」だののことばを特に今年はよく聞くようになったなぁとおもっているのですが、今朝、こんなニュースを見つけました。 www.asahi.com この「面接練習システム」はどうやらNTT西日本が開発したみたいなのですが、これ…

日本の新卒採用は何が「変わってる」の?欧米の採用と比較してみた。

近年、日本の新卒採用は何かとニュースに取り上げられ、その議論は時に国政に携わる官僚たちを巻き込んだりもしています。 そこでよく出てくる話題が「欧米型の通年採用」への移行。 そもそも、一斉に会社説明会が始まり、面接が解禁され、年度はじめに一斉…

近年の日本の新卒採用の仕組みをグローバルな視点で考察した「お祈りメール来た、日本死ね」

お祈りメール来た、日本死ね 「日本型新卒一括採用」を考える (文春新書) 作者: 海老原嗣生 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/11/18 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る ここのところ、新卒採用についてこのブログでも取り上げさせて…

18年卒組の新卒就活は今年より厳しい?就職活動の注意点と新卒採用市場について考察してみた。

現在大学3年生である2018年卒業の新卒就活スケジュールは2017年卒生と同じになるということが経団連・就職問題懇談会のそれぞれから発表されたのは今年の秋。 今年は朝井リョウ氏の直木賞受賞作品「何者」が映画化されさらに就活が注目を浴びました。 18年卒…

新卒向けの「肉で繋がる就活サービス」というワケがわからないコンセプトの「ニクリーチ」にはさすがに笑った件

就活支援サービスはほんともうたくさんありすぎるくらいで、中小企業はサービスのコンセプトを特化させることで事業を展開しています。 そこでいろいろ就活サービスを見ていたらこんなものを見つけました。 就活時期でお金がなく腹ペコだけど忙しくて途方に…

理系職の就職事情について/どうして大学院卒が有利?

こんにちは、まちゃひこです。 きょうは「理系職の就職事情」について書いていきたいとおもいます。 ぼく自身、学生時代はずっと理系でした。当時は将来は「研究がしたいなぁ」なんて漠然なことを考えていて、学部・修士・博士と進学しました。 けっきょくは…