人の転職を笑うな

元求人広告企画営業が転職サイトやサービスの紹介!そして求人市場をデータや経験、トレンドを参照しながら解説する、求人・転職に特化したブログです。ご感想や寄稿のご依頼はmachahiko1205(あっと)gmail.comまでお気軽にご連絡ください。詳しくはプロフィール参照。

「転職」という言葉が脳裏によぎったら、
まずはコチラ
をご覧ください。

スポンサーリンク

コラム

「イクメン」という言葉を今一度考えてみて思うこと。どうして男性の育児を「特別化」するのか?

男女の働きかたの不平等をなくそうという動きがあれば、当然家庭内での男女の平等さも問題になるわけでして、数年前から「男性の育児参加」が何かと話題にのぼることが多くなりました。 男性が育児を積極的に行うというケースはかつてよりも増えたのですが、…

冴えない中途社員Kが持っていた「努力を知らない」という才能について。

前職の同僚Kが仕事を辞めたらしい。 先日、前職の同期のグループLINEで「同期会」と称する飲み会の知らせを受けたのだけれど、その知らせが送られる前にKがグループから外されていたことに気がついた。 Kとは社歴が1週間しか違わず、そしてぼくの1つ年下だ…

「カラオケ店で会議!?」第一興商がやっているビジネスの拡大。

こんにちは、まちゃひこです。今回取り上げるニュースはこれ。 www.asahi.com ※電子版朝日新聞の購読はこちら ■【朝日新聞デジタル】本紙に匹敵する充実コンテンツ。本紙過去1年分も検索し放題! カラオケチェーン店「ビッグエコー」の運営で有名な第一興商…

飲み会幹事でストレス溜めているぺーぺー会社員は「ぐるなび」で手間賃回収しようぜ!

※オラオラ系上司の相手をする図 さて、今回は「飲み会幹事」の話です。 学生も社会人も関係なく、歓迎会・送迎会・新歓・追いコン・合コン・結婚式二次会幹事・おめぇちょっと一杯付き合えやなど様々な局面で、 「ペーペーが幹事をする」 なんて風習はありま…

プレミアムフライデー「……わたし……なんのために生まれてきたんだろう……存在意義……つらい……」

はやくも存在の危機にさらされてやさぐれるプレミアムフライデーちゃんの図 今日で3回目を迎える「プレミアムフライデー」なのですが、基本的に子どもの送り迎えと買い物以外で外出しない在宅業のぼくにとってはほとんど無縁な存在です。 で、周りの友だち…

学歴コンプレックス丸出しの会社役員や人事がいるとブラック企業化する!?

今回は「学歴コンプレックス」のお話です。 満を持して(!?)のカルマ値高めの禁断のネタになるわけですが、こういう話をする前にひとつ断りがあります。 ぼくは「学歴至上主義」みたいな思想を一切持っていません。 「学歴」という話をするとそれがポジテ…

会社に偏差値?東洋大学の研究で「女性活躍企業の偏差値ランキング」が発表されたよ!

今朝、朝日新聞でこんな記事を見つけました。 digital.asahi.com ※電子版朝日新聞の購読はコチラから↓ ■【朝日新聞デジタル】本紙に匹敵する充実コンテンツ。本紙過去1年分も検索し放題! さて、肝心のランキングの結果なのですが、これについては東洋大学の…

いま転職するならで狙い目の職業は?「求人倍率・転職求人数のデータ」と「採用現場の現実」を元に考察してみた。

引用:一般職業紹介状況(平成29年2月分)について |報道発表資料|厚生労働省 これを見るとH21年以降、求人件数並びに求人倍率は単調増加している。 まちゃひこです。 今日は「転職するなら最近狙い目の業界・業種」のお話です。 先日、DODAや求人情報誌「…

残業時間制限は「悪」なのか?優秀な人ほど怠け者だったよって話。

こんにちは。今日は今流行の「働き方改革」についてのお話です。 今朝、このような記事を見つけました。 gendai.ismedia.jp 割と批判も多い記事なのですが、要するに、 「日本の労働生産性はG7最悪で、新興国にも追い上げられているのに、労働時間制限なんて…

新聞って読む?朝日新聞と読売新聞の違いや、発行部数と実売数の話をしてみた

今回は「新聞」の話です。 先日、niftyニュースの記事で新聞人気ランキングが発表されました。 news.nifty.com ランキングでは1位は「朝日新聞」、2位は「読売新聞」となっていますが、アンケート結果でその差は0.1%となっていて、実質的にそれほど差はあ…

「時給1500円分の働き」ってそんなに甘くないよって話

先日、新宿で若者たちのデモがあったらしいですね。 www.asahi.com ※電子版朝日新聞の購読はこちらから↓ ■【朝日新聞デジタル】本紙に匹敵する充実コンテンツ。本紙過去1年分も検索し放題! このデモを主導した若者グループ「エキタス」は、 「最低賃金を時…

中慢性的な「人材不足」ってことは、実は転職のチャンスかもしれませんよ。

「人不足」が深刻化している日本ですが、中小企業の「人材問題」についてこんなニュースがありました。 www.asahi.com ※電子版朝日新聞の購読はこちらから↓ 【朝日新聞デジタル】本紙に匹敵する充実コンテンツ。本紙過去1年分も検索し放題! このニュースの…

都会の飲食店はバイトが足りなくてブラック化してるかもしれないという話

もうこういう話はで過ぎているのだけれど、有名チェーン店のラーメン屋「熊五郎」が残業問題でえらいことになっているらしいです。 www.asahi.com ※電子版朝日新聞の購読はこちらから↓ 【朝日新聞デジタル】本紙に匹敵する充実コンテンツ。本紙過去1年分も検…

就労意欲減退キャンペーン:新卒社員のための「長く働くために持って起きたい心の余裕」を紹介するよ!

働きたくないよね? でも働かなくちゃいけないんだよね? こんにちは、まちゃひこです。 世間では入社式が終わって、さっそく研修が始まったりしているころじゃないでしょうか。 この時期の新入社員はなにせすることがないので、始業前に来たはいいけれど同…

月の残業時間上限100時間ってどうなの?その背景について考えてみた。

何かと注目を浴びている残業問題ですが、どうやら上限は月100時間で調整が進んでいるとのことです。 www.asahi.com 当初は月70時間になるかなという見込みだったのですが、どうやらそうもいかなかったようです。ニュースを見る限りまだ揉めているみたいなの…

ぶっちゃけ、テレワークやリモートワーク(在宅勤務)っていいの?悪いの?そのメリットと課題

まちゃひこです。 今日は「テレワーク(在宅勤務)」についてのお話をします。 先日、富士通の全社員を対象にした「テレワーク」制度の導入が報道されました。 www.asahi.com 【朝日新聞デジタル】本紙に匹敵する充実コンテンツ。本紙過去1年分も検索し放題…

過剰サービスによる労働者の消耗はヤマト運輸だけじゃない

(上図引用:ヤマト、サービス残業常態化 パンク寸前、疲弊する現場:朝日新聞デジタル) 労働に関するニュースはここのところほんとうに多く、最近ではヤマト運輸のサービス縮小のニュースが大きく取り上げられました。 その原因は、 「時間指定配達の負荷…

児童養護施設の職員給与2%アップ!?でもそれだけでいいの?

まちゃひこです。 今回は保育士の採用難と待機児童問題についてのニュース。 先日、朝日新聞でこのようなニュースがとりあげられました。 www.asahi.com 待機児童問題は「(東京都の)保育所の数ではなくて保育士数の不足が原因」ということをこのブログでも…

残業をしたくてもできない人もいるって話をするよ

まちゃひこです。 今回は「残業」についてのお話をします。電通の一件以来、「働き方改革」への世の中の関心はめちゃくちゃ高まっていますね。というか、緊急性を要する問題としていまや扱われています。 先日、朝日新聞では会社説明会に参加する就活生を取…

残業する人は「ヒマ」なのか? 残業と生活のバランスについて

「残業する人ってヒマなんやなぁっておもう」 とある日うちの嫁氏は言いました。 彼女はメーカーで開発職なのですが、割と異動が多く、その度に微妙であるのですが働き方が変わっている感じがあります。商材の規模、主な出張先、生産部との業務的な距離によ…

過労自殺は本当に増えているの? 最近あなたの労働環境は変わりましたか?

こんにちは、まちゃひこです。 就労関係のコラムをちょくちょくこのブログでも書いているのですが、なんといっても昨年は電通で起こった新入社員の過労自殺がとりわけ大きく報道され、一種の社会現象ともいえるぐらいに「過労問題」が注目されたのではないで…

日本の新卒採用は何が「変わってる」の?欧米の採用と比較してみた。

近年、日本の新卒採用は何かとニュースに取り上げられ、その議論は時に国政に携わる官僚たちを巻き込んだりもしています。 そこでよく出てくる話題が「欧米型の通年採用」への移行。 そもそも、一斉に会社説明会が始まり、面接が解禁され、年度はじめに一斉…

扶養控除の代替案としてあがっていた「夫婦控除」とはどんな仕組み?

前回の記事では「扶養控除の壁を103万円から150万円に引き上げたところでパートのおばちゃんのシフトが増えるだけ」というような話をしました。 www.macha-job.com 専業主婦家庭を対象としたこの控除システムだと、やっぱり共働き家庭が増えてきた昨今の日本…

結局はおばちゃんのパートのシフトの話?「配偶者控除の壁が103万円から150万円に引き上げ」について解説

先日、こういうニュースが発表されました。 東京新聞:税制大綱 配偶者控除拡大 働く女性に残る壁「130万円以上」の壁:経済(TOKYO Web) 昭和の日本では「夫が会社員で嫁が専業主婦」という家族構成がメインだったのもあり、配偶者控除という仕組みが整えら…

「育休が最長2年取得できるようになる!?」その背景を5分でサクッと解説

厚生労働省は7日、育休期間を現在の最長1年半から最長2年へ変更する方針を発表しました。2018年の実施を目指して動いているようです。 www.asahi.com 育休中の収入については雇用保険から出るのですが、実はこのお金がけっこう余っているということも…

近年の日本の新卒採用の仕組みをグローバルな視点で考察した「お祈りメール来た、日本死ね」

お祈りメール来た、日本死ね 「日本型新卒一括採用」を考える (文春新書) 作者: 海老原嗣生 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2016/11/18 メディア: 新書 この商品を含むブログ (1件) を見る ここのところ、新卒採用についてこのブログでも取り上げさせて…

理系の採用ニーズが高まっている!? 理系・文系イメージの誤解

「理系学生」の採用ニーズが高まってきているというニュースを見かけました。 理系学生へのニーズが顕著な最新就活動向/増沢 隆太(INSIGHT NOW!) - goo ニュース マイナビ「2016年度(2017年卒)新卒採用・就職戦線総括」 どんな業界・どんな色で理系学生が…

いわゆる「ブラックバイト」について考えてみた。

近年、というか2、3年ほど前からでしょうか? 「ブラック企業」ということばにつづいて「ブラックバイト」ということばもよく耳にするようになってきました。 きっかけはセブンイレブンや明光義塾がブラック企業大賞にノミネートされた件などもあるのです…

雇用保険の保険料率はどうして引き下げに?5分で読める雇用保険の基礎知識のおさらい

雇用保険はいつも給料から引かれているけど、自分にはほとんど縁のないものだっていう風に思っている方、実は多いんじゃないでしょうか? 厚生労働省は来年度から雇用保険料率を賃金の0.8%から0.6%に引き下げることを発表しました。 www3.nhk.or.jp 雇用保…

徒然草で有名なあの「仁和寺」がブラック企業大賞の候補になった理由とは?

日本三大随筆のひとつに数えられる兼好法師による「徒然草」。そのなかでも「仁和寺の法師」はとくに有名で、この法師のちゃめっけ全快のエピソードは印象深いものでした。 時代は下って、徒然草が書かれたとされる1300年初期(※諸説あり)から700年。 世界…